JARA - メインコンテンツ

Topプレーヤーの横顔

vol.010 宇佐美 裕健

今回は、4月21日の世界選手権選考会優勝。 宇佐美 裕健 選手の登場です。

氏名宇佐美 裕健
所属ティップネス船橋(メンバー)
最近の成績2000 全日本ダブルス 準優勝
     (パートナー:S・シェ―ファー氏)
2000 JapanOPEN 準優勝
2000 JapanOPEN 準優勝
得意な
ショット
特にナシ。凄いショットは打てないので。
ゲームのときに考えていることは?いろいろ(状況によってかなり違うので)
点に絡んだスキップの数を数える。
相手の癖を探す。
なにも考えない。
なんちゃって誰々になりきる。
仕事について。
自分を励ます。などなど

ラケットボールを始めたきっかけは?
自宅近くで何か運動をしたくて、探して見つかったのがラケットボールだったから。 最初の先生は有名な花木(旧姓安田)滋美氏でした。(男の先生と女の先生どちらが良いですか?と 聞かれて素直に「女の先生」と答えただけなんですが…)
花木先生の第一印象を聞かせてください。どんな先生でしたか?女の先生、と答えて、正解でしたか?
私にどんな答えを期待しているのでしょうか(笑) 「キレイで優しくて、先生の鏡のような方でした。」
好きなプレーヤーは?
SUDSY MONCHIK,CLIFF SWAIN
私はこの二人の影響を強く受けてRBを続けている気がします。
日本人では知る人ぞ知る、溝辺昭人さんです。
どのようなところが好きなんでしょうか?具体的に教えてくれますか?
純粋にかっこ良いと感じるから。
SUDSYとCLIFFは私の考えていたRBの常識をくつがえしレベルの違いを 強烈に見せつけた上で楽しませてくれました。しかもナイスガイ。
あと、溝辺さんの大きな体、大きなフォームからくりだす豪快なショットは今でも憧れです。
最近気になっているプレーヤーは?
シグマの佐藤摩以子さんでしょうか。ポテンシャルもそうですが、練習熱心に見え るので・・・。本当のところは聞いた事ないですが、試合前のアップやゲームの内容を見てそう思 います。
是非、苦手なプレーヤーを教えてください
あまり考えた事ないですが、あえて言えば運動能力の高い人。
現在の目標は?夢は?
不良パパにならない事。大借金(住宅ローン)を一日も早く返す事。負け犬を卒業する事。
ご自分の試合で、一番印象に残っているゲームは?
昨年の全日本シングルスの決勝と東日本ダブルスの準決勝。どちらもボロ負けしたので。
勝ったゲームで印象に残っているのは?
アメリカでのプロストップでスーパータイブレークをした2試合です。プロ相手の5ゲームは疲れました。
宇佐美さんは学生チャンピオンでしたが、最近の学生、後輩達に対して感じてい ること、アドバイスなど、教えて下さい。
おとなしい学生さんが多いとは思います。学生の枠にはまる事なくいろんな人と 練習したり、試合したり、飲みに行ったり…。学生以外のいろんな大会に参加して 視野を広く持って欲しいと思います。ちなみに技術的なアドバイスが欲しい方、 私で構わなければいつでも受け付けます。
WELCOME TO ティップネス船橋!
いつもは、どのような練習をされていますか?
ここ2年くらいは筋力トレーニングが中心です。あとは一人打ちと神経の鍛錬。
週に3〜4回くらいでしょうか。特にティップネスのパワーラッシュという スタジオプログラムが気に入っています
私たち、一般のプレーヤーがもっと強くなるには、どんなことに注意するべきでしょう?
ラケットボールを好きになる事ではないでしょうか。好きこそなんとかって言いま すし。私はレッスンとか持ってないので、これ以上偉そうな事は言えません。
好きなものは?
犬、車、HEAD、ポロラルフローレン、スポーツ観戦。
好きな男性タレントと女性タレントは?
ケイン・コスギと門脇知子。マニアックでしょうか?ラジオのDJです。
音楽はどんなものを聞きますか?
ポップス中心ですね。嫁さんが聞いているのをそのまま聞く事が多いので。
今一番欲しいものは?
時間
ずばり自分の性格を一言であらわすと?
マイペース
最近ご結婚されましたよね。RBに関して結婚されてから何か変わったことはありましたか?
理解ある嫁のおかげで、何も変わる事なく練習、試合に出ています。 RBに限らず、結婚したから〜というのはないですね。
最後に、このインタビューを読んでいる人たちに一言
読んでくれてありがとうございます。 夫婦共々今後ともどうぞよろしくお願いします。
おまけで。「いらないベビー用品募集します!」
ありがとうございました。

宇佐美さんの恩師(?)である、 花木滋美さんのからの一言

始めての出会いは彼が高校生でしたが、軟式テニスの経験があるのでボールに対しての感覚はよかったと思います。
私が「何を教えた」という記憶はありませんが、ただひたすら 「上手くなりたいのなら壁打ちをしなさい」とだけいったと思います。 まあ一人さびしく奥のコートで打っていましたね。
性格は’なまいき’ でしたが’忍耐力’はある生徒でした。
正直ここまで上達するとは思わなかったですが アメリカのプロツアーにでて経験を積んで精神的にも大人になったのが 技術の向上につながったのだと思います。
日本ではまだ若手?の部類ですので是非NO1を目指してください。  
いつもなら、これでお終いなのですが、4月21日の世界選手権選考会に見事優勝!優勝インタビューを追加しました。宇佐美さんからの一言です。
選考会はたくさんの方に応援していただき、本当にありがとうございました。 特に会場では参加選手中で最高の応援をしていただき、おかげで自分の 持っている力を十二分に発揮できました。私は何も変わらないので今後とも 皆様どうぞよろしくお願いします。
おめでとうございました!!

戻る